B'zファンのブログ『ファクトリーワカクサ』にようこそー

ファクトリー ワカクサ
《AUTHOR》
http://viridiann.jugem.jp/
若草制作所 イチジョー
《POWERED BY》
JUGEM
『ファクトリーワカクサ』
は適度に更新

号】

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

小樽で体験

先日、用事があって小樽に行きました。
そのとき移動の関係で早く着いたのでフリーな時間がありまして、
小樽といえばガラス工芸が有名なのでガラス体験してきました。

ガラス体験と一口に言っても体験できるメニューは色々ありますが、
わたしはその中でも「サンドブラスト」に興味津津。

ってことで"北一硝子 花園店"さんの
サンドブラスト、もとい「ガラスの彫刻製作体験」にトライ。

体験は予約制で『らくらくコース』か『お好みコース』のどちらかを選択。
わたしは、絵柄のシートを自由に使える+制作するガラス製品を好きに選べる
『お好みコース』にしました。

体験開始…の前に、まず"商品を選ぶ"段階で目移りしてすげー迷った。
さんざん店内をうろついたあげく、結局はグラスに決定。

いよいよ体験作業に入り、図柄のシートを切ってガラスに貼っていきます。
『お好みコース』は、あらかじめ用意されてる絵柄のシールを使い放題なほか、
無地のカッティングシートを自分で切って好きな模様を作れるのがポイント。

わたしはお店にあったテンプレートのシールを使わずに
ALLカッティングシート自作でいきました。
っていうか、数日前に予約した時点でやる気満々だったんで
事前に大まかなデザイン案(?)をいくつか考えて行ったのです。

実行したのは単純な図案でしたがシート切るのにけっこう時間かかったー。
で、出来上がったシートをグラスに貼って
シートの図柄以外の部分をビニールテープでマスキングして
専用のマシーンで砂を吹き付けます。

砂が吹き付けられてシートの模様が刻まれたらテープとシートをはがして、
そのあと『お好みコース』では、歯医者さんのドリルみたいな機械で
文字を彫りこむことができます。

この文字入れ、本番をやる前に別のガラス板で練習させてもらえるんですが
力加減などがつかめず、思うように字が彫れなかった…。
はじめはコップの面に文字を入れるつもりだったけど
「ぜったい失敗して台無しになる!」と判断してやめました。

できあがったオリジナルグラス↓
   ガラス体験

こんな感じです。イェッフー☆
でもこれ、ちょっと大きめサイズのため私の手では持ちづらいのと、
ふちの部分が薄くてぞんざいに扱ったら割れそうで怖い(苦笑)ので
普段使いしてません…もったいないねー。

花園店のスタッフさんはとっても気さくで人当たりが良くて、
でもカット作業中は干渉せず放っといてくれてやりやすかったです。
面白かったー。 いつか機会があればまたガラス体験したいな。

パワースポットの井戸

またもや3月にさかのぼる話なんですが。
MAGICライブでイナバさんが「話題のパワースポットの井戸」ってネタMCしてて 
これ、100%出まかせの冗談だと思ってたんですよ。

で、ライブ終わって友達と打ち上げしてるときに
実際に『パワースポットと言われている井戸』が存在してると知ってビックリ。
それは"清正の井戸"という名で明治神宮にある、って教えてもらったんだけど
わたしはスピリチュアル(?)なものにさほど興味がないので
そのときは「へぇ〜」って感じで流してたんです。

そして次の日。朝起きたら前日とはうってかわっていい天気!
事前にこれといった計画を立ててなかったし、野外行動に良さげな日和だったので
観光がてら明治神宮に行ってみることにしました。

実はそのときまで明治神宮がどこにあるのかまったく知らなかったんですよ。
で、出がけに携帯ネットで調べて『最寄駅は原宿』ってことが分かったので
「駅に行けば近くに地図か案内板でもあるべ」ってとりあえず行動開始。

原宿についたら、そのへんの地図とかで調べるまでもなく
駅の真横が明治神宮でした。 これには驚いた!
前に何回か原宿に来たことあったけど、いつも明治通り方面に直行したので
原宿は「にぎやかな若者の街」ってイメージしかなかったんです。
まさかこんなそばに厳かな施設があるとは思わなかったー。
原宿、駅をはさんで対照的な雰囲気の場所で不思議な街ですね。

井戸(清正井)を見るには1時間ごとに入場時間が区切られてて
入口で整理券が配られており、該当時間になったら順番に入る方式。
わたしは11時半ころに行って12時の回に入場できることになりました。

友達の話では「すごく混んでるらしいよ」ってことでしたが、
いざ着いてみると並んでるのは15人程度で心配してたほど混んでない様子。
…なんて思ったけど、平日だったのと行った時間がタイミングよかったみたい。
入場時間を待ってるうちに、あれよあれよという間にわたしの後ろに長蛇の列が。。

そんで12時になって開門。
『清正井』は御苑っていう一角にあるんだけど、
敷地内に"隔雲亭"という建物(古民家?)があったり、池があったり、
花菖蒲の田んぼがあったりでお散歩として楽しめる場所でした。
(3月だから花は咲いてなくて影も形もなかった…初夏だったらよかったのにー)

遊歩道をさくさく歩いていくと、行き止まりの場所にある井戸に到着ー。
想像していたような"井戸"とは違ってましたがお水が澄んでて綺麗でした。
なにやら巷の話では
「清正井を携帯の待ち受けにすると良いことがある」そうなので写真撮りました。
   清正井

そのあと、明治神宮本殿も参拝してきましたよ。
神社はもちろん素晴らしかったです。
で、ちょうど境内で結婚式してる場面に遭遇して素敵でした。
明治神宮および清正の井戸、行ってみて良かったです!

名古屋に行ったよ・観光編

先日、名古屋に行ってきました。
旅行しようと思った当初の目的は『ライヴ観戦』なのですが、
旅立ちの日が近づくにつれて観光の方が楽しみになってきて
当日にはメイン目的が『愛知観光』になってたという(笑)

名古屋に着いてまず感じたのは…「うっひょ〜、あったかい!!」(笑)
自分的・体感気温は"10月"って感じ。もしくは5月くらい? とにかく冬じゃない。
雪が降ってないのは想定内の範囲として、
道端に普通に草が茂り、花が咲いてたりするあたり「ホントAmazing!」でした。

ライヴは当然ながらサイコーだったわけですが
お天気に恵まれて観光もすっごく楽しかったです。

行ったところ↓
・トヨタテクノミュージアム(写真ないです)
ノリタケの森大須観音

名古屋城テレビ塔

ナナちゃん人形やきもの散歩道

事前に一番楽しみにしてたのが名古屋城。
わたし、今まで一度も"お城"というものをちゃんと見たことがなかったんですよ。
石垣の石ってデカイのね。つーか昔の人よくこんな大きい建物造ったね。
いいっすねー、お城。なんだかお城フリークになりそうです。

観光でダークホース的存在だったのがトヨタテクノミュージアム。
はじめは「まあ話のタネにでも見てみるか」程度だったけど
いざ行ったらめちゃくちゃヒットでした。
自分がトヨタ車オーナーだとか、(田舎ゆえに)若い頃はクルマが娯楽だったとか、
考えてみると興味を引くバックボーンはあったんだよなー。いや〜、面白かったです。

他もいろいろ楽しかったですよ。
名古屋市内は都会だし、陶芸の町・常滑は情緒あるたたずまいでよかったな。

そして、忘れちゃならないナゴヤドーム。
  ナゴヤドーム
初めてここを訪れたことによって、イチジョー的に
"日本の5大ドーム"(札幌・東京・名古屋・大阪・福岡)全制覇しました。 やったー。
ライヴのレポはそのうち書こうと思いまーす。

オカンと旅

先週、コンサートのために母親と札幌に行ったのですが。
実は母子2人旅というのは初めてだったのです。
なぜなら母は乗り物酔いするタイプなので進んで旅行することがないから。
したがってホテル泊や都会っぽい場所にあまり縁がない母です。
そんな田舎代表選手・オカンの都会でのエピソードをいくつか。

・エスカレーター
札幌は「エスカレーターは左側に立つ」が基本的です。
一方、わたしの地元の田舎では「2人ずつ並んで乗る」のがデフォです。
(そんなに急ぐようなシチュエーション&急ぐ人がいないので)
で、先導係のわたしが左に乗ったら当然のようにその右に乗りました。
「都会では急ぐ人のために右側あけるんだよ」って言ったら「えー」って感じでした。
今後もし大阪や仙台に行くことがあったら再指導する必要がありそうです。

・オートロック
ホテルの部屋はオートロックでした。
ドアを閉めたら自動的に鍵がかかる、これはオカンでも知っていた。
が、中からドアノブをひねって「なんか開くんだけど…これ大丈夫なの?」って。
内側から開かなくなったら困りますがな。

・開演時間
コンサートは開場18:30、開演19:00のタイムスケジュール。
で、開場する少し前くらいに着くようにしようかなーと思ってたら
「始まるのは19時なんだからその頃に行けばいいしょ」と言いだし、
そのうえ「そんなに早く行くなんてバカじゃないの!?」とまで言われて
妥協して18:40(開場時間の10分後)くらいに行きました。
案の定ホールの前は入場待ちの長い列(田舎者にとっては天文学的な行列)が
できていたので考えを改めたようです。

・朝食バイキング 
ホテル予約したときに「朝食は洋風バイキングだよ」って言ったら
「わーいバイキング、バイキング♪」ってはしゃいでたんです。
家ではいつも朝そんなにガッツリ食べないので(パン+コーヒーで簡単な感じ)
行く前に「なんでそんなに楽しみなんだべ?」って疑問ではあったんだ。
そしたら前日の晩、「ケーキやデザートは何種類あるのかな〜?」って。
…どうやら普通の(ディナータイムとかの)食べ放題と同じと思ってた様子。
いざ朝食の場に臨む前に誤解が解けてよかった。

そんなこんなの旅道中でした。
なんだかんだ言って楽しそうでよかったです。
母は以前、友達と札幌に遊びに行ったことあったけど、
そのときは友達に合わせて行動したから思うようにあちこち見れなかったんだって。
その点、わたしとだと気兼ねなく回れるもんね。
これからたまに母を都会に連れ出そうと思ったのでした。

はるばる函館

東京在住のかたのサイトで函館の話題になってました。
「函館行ったよ、また行きたい、北海道の人はすぐに行けていいな」って内容でした。

うーむ…単純に"北海道の人"でひとくくりにされても
さすがに北海道は広いのでわたしの居住地から函館までは遠いです。

以前、函館に行ったときは車で8時間くらいかかりました。
なんで車移動かというと、電車だとなにぶん田舎で本数が少ないので
乗り継ぎなどに待ち時間かかったりして不便な感じがするんですよ。

勝手にそんなイメージ持ってますが、実際に電車だとどれくらいで行けるのか
ネットの路線案内で調べてみました。

この検索のデフォルトの結果表示は『到着時間が早い順』だったんですけどね、
栄えある1位、一番早く地元から函館に着くルートは、なんと!

 地元駅 → 地元空港 → 東京羽田空港 → 函館空港 → 函館駅 でしたー。

思ってもみなかった飛行機移動、しかも驚くほど遠回りの東京経由、
そしてそれが一番はやく着くって、なんぞそれー!

ちなみに前述の飛行機ルートの所要時間は5時間48分。
そのあと『所要時間が短い順』でソートしなおしたら
「特急電車を乗り継ぎで5時間14分」ってのが最短でした。
ただし、そのパターンの電車の接続は数時間おきに1回しかないので
『現時点で到着時刻が早い順』だと"空路で東京経由"が1番になったようです。
(これは調べる出発時間によるってことだね)

と、いうわけで。わが家から函館まで最短で5時間ちょいということが判明しました。
それと、東京の人の方が私よりすんなりと(2時間弱くらいで)函館に行けますよ。
  | 1/2pages |  >>
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Latest Entries
Categories
Archives
B'zライブレポート
"Ain't No Magic"
 ⇒ 東京ドーム
 ⇒ ナゴヤドーム
 ⇒ 旭川市民文化会館
"GLORY DAYS"
 ⇒ 日産スタジアム
"ACTION"
 ⇒ 北海道きたえーる
 ⇒ 釧路市民文化会館
"SHOWCASE -19-"
 ⇒ Zepp Sapporo
ソロライブレポート
"en II"
 ⇒ 北海道きたえーる
"TAKE YOUR PICK"
 ⇒ Zepp Sapporo
Recent Comments
Profile
イチジョー (または一條)
趣味:B'z/ネット/図画工作
  ⇒ B'zバトンの回答
連絡:no1090★hotmail.com
 (★→@に変えてください)
Link
Trackback People
BlogPeople PEOPLE
qrcode