B'zファンのブログ『ファクトリーワカクサ』にようこそー

ファクトリー ワカクサ
《AUTHOR》
http://viridiann.jugem.jp/
若草制作所 イチジョー
《POWERED BY》
JUGEM
『ファクトリーワカクサ』
は適度に更新

号】

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

"TAKE YOUR PICK" 札幌ライブレポ

2010年9月1日(水) Larry Carlton & Tak Matsumoto 
LIVE 2010 "TAKE YOUR PICK" Zepp Sapporo 公演に参加してきました。

春にツアーが発表された時点では松本さんソロは見られないと思ってたので
こうして追加で札幌に来てくれて嬉しいかぎりです。

まず、開場の整列が始まる前にZepp近辺をグルッと回ってみたんですけど
ツアトラは銀色で無地の普通のトラックがあるだけで
ツアー用にデコレーションされたものはありませんでした。
むむ、残念。 追加公演のため用意してなかったんでしょうね。

そしてグッズを買ったんですが…
手ぬぐいの5番(青いやつ)が欲しかったのに「売り切れです」とな!
これは"その場の購入者が多くて売り切れ"たんじゃなくて、
札幌に来るときには既に在庫が無かったようで
売り場にある商品一覧のイラストが白く塗りつぶされてました。
あぢゃーー、会場で買えると思ってビーパ通販で買わなかったのにー。
結局 6番(絵柄は一緒で白地のもの)を購入しました。
青いの欲しかったなー。ちぇー。

その後は外に並んでほぼ定刻通りに開場されました。
入場してみてビックリ、なんと1Fの客席スペースに椅子が並べられてました。
1Fはオールスタンディングだと思ってたのでこれには驚いた。
意表は突かれたけど混乱もなく、来た順に好きな場所の椅子に座って開演待ち。

以下、ライブレポート(ネタバレあり)です。
 
 
 
 =セットリスト=
01. Nite Crawler 2010
02. Islands Of Japan
03. THE WAY WE WERE
04. Tokyo Night
05. East West Stroll
06. Easy Mystery
07. hotalu
08. ao
09. Take Your Pick
10. Neon Blue
11. A girl from China
12. JAZZY BULLETS
--Encore--
01. Room 335
02. #1090

 たぶんビーパ会報に載ってた本公演(6・7月)のリストと同じです。


 =衣装はこんな感じ=
ラリーTAK ライブ衣装
 (松本さんが腰につけてたヒラヒラは
  ツアーグッズのてぬぐい・2番(白地に赤いロゴデザイン)でした)

 =感想など=
基本的に楽曲を次から次へと演奏していくスタイルで
特別な演出や舞台セットはなく、"音楽にひたる"感じのライヴでした。

使用ギターは松本さんは黒のダブルカッタウェイ。
この1本を途中で取り替えることなくずっと使ってました。
ラリーさんはアーティスト写真で持ってるギターをずっと使ってました。

演奏曲はアルバム曲+各自の持ち歌1曲ずつの構成でしたが、
このアルバム、最後がフェイドアウトする曲が結構多いので
ラストがちゃんと完結するようになってました。
それと、それぞれの曲がCDどおりじゃなくてアレンジ(アドリブ?)が多くて
聴いていて楽しかったです。

ラリーさん・松本さんが代わる代わるメインパートを弾く部分が多々あって、
B'zじゃないから当然なんだけど
松本さんがメインじゃない場面があるじゃないですか、
そのリズムギターのとき、それはもうハジけた感じでカッティングしてて
「松本さんがこんなにいっぱいカッティングしてるの初めて見た〜」と思いました。

全体的に松本さんもラリーさんもすっごくニコニコしてたー。
とくにユニゾンやハモリでギターを合わせる部分!
松本さんとラリーさんがお互い笑顔でアイコンタクトしてて、
それを見ているこちらもほんわかした気持ちになりました。


☆Nite Crawler 2010
ステージ下手からサポートメンバー〜Tak〜ラリーさんの順で登場、
全員が所定の位置につくとおもむろに演奏が始まりました。

しょっぱなから松本さん笑顔全開です! 
ですが何やらラリーさんの音の出が調子悪かった(?)らしく、
途中でラリーさんが自分で後ろのアンプを調整してました。
「ライブ中に演者が機材をいじることもあるのねー」ってなんだか新鮮でした。

☆Islands Of Japan
2曲目はまったりとした和テイストのこの曲。
わたしはインストのライブが初めてで最初の曲は手さぐり状態だったんですけど
ここからようやくエンジンかかってライブに引きこまれました。

☆THE WAY WE WERE
この曲、CDがリリースされた時に人気が高い意見をネットで目にしましたが
個人的にそんなにグッときてなかったんです。
でも生で聴いたら「うはー、これは素敵だわ」と思いました。
皆さんが『いい』と言ってたのがやっと分かりました。

☆East West Stroll
ラストはドラムがフィーチャーされてました。
そのときにラリーさんが煽ってたのもあってテンション上がりました。

曲が終わってからラリーさんが軽くメンバー紹介。

☆hotalu
和風なメロディーに泣きのギター、Takテイスト満載の曲に酔いしれました。
ところどころで松本さんは目を閉じてじっくり弾いてました。

☆Take Your Pick
ユニゾンで弾く部分、「なんでこんなにピッタリ合うの!?」って思いました。
(これに限らずどの曲もバッチリ合ってたけど、この曲は特にそう思った)
お見事です! としか言いようがありません。

☆ Neon Blue
まずはじめにラリーさんがソロでポロンポロンとギターを爪弾きました。
それが"Neon Blue"をちょっと崩したフレーズで、
ギター1本だけでしばし演奏してからCDバージョンの"Neon Blue"へ。

これがですね、松本さんのギターの音が
「あまぁ〜〜〜〜〜い!!」って感じでした。
なんかホント「甘い音色とはこういう音を言うんだな」と実感しました。

☆ A girl from China
好きなんですよー、この曲。生演奏はGrooveがいいっすね。
この曲はビッグバンド(?)っていうのかな、
生のブラスセクションを交えたスタイルで聴いてみたいなーって思いました。

※たしかこれが終わったところで松本さん水を飲んでました。
その水筒が"MAGIC"ツアーでサブステージのときに使ってた青いボトルマグで
「同じボトルマグ欲しいー」と改めて思ったり。

それから松本さんが「もう1曲やらせてください」とMC言ったあとに
流れてきたイントロは『JAZZY BULLETS』で…

☆JAZZY BULLETS
ここで一気に客席がヒートアップ!
それまでは着座してゆったりまったり聴いてたんだけど
みんな立ち上がって手拍子で会場全体がノリノリ。
この盛り上がりは凄かったです!

-アンコール-
☆Room 335
ラリーさんのソロ曲。
途中でギターの掛け合い(っていうかバトル?)があって、
松本さんが弾いたフレーズをラリーさんが真似したり
逆にラリーさんが弾いたフレーズを松本さんが受けて返したりしてました。

ラリーさんが高音部分を弾く際に「えいっ」って感じで
ピョンとつま先立ちしてたりして和んだー。
すごく大人の男性に対してアレなんですけどカワイイと思いました。
ラリーさん、とってもチャーミングなお方です。

☆#1090
Mステでおなじみ、松本さんのソロ曲。
多分やるだろうと分かってましたがイントロが鳴ったときは歓声があがりました。
今回のライブでこれが一番聴いてみたかったのよー。わーい!

事前に「"いかにもジャズ"ってコード進行のアレンジになってるのかな?」
なんて勝手に想像してたんですが、
ゆったりした("千夢一夜"みたいなテンポの)アレンジでした。

いや〜これはもう本当にすごく素晴らしいセッションでした。
ラストは二人が接近して向き合って締め。

ライブの全プログラムが終わり、
前に出てきてバンドメンバー全員で並んで「Thank you!」。
松本さん・ラリーさん・キーボードのジェフさんは
胸の前で手を合わせて(拝むように)お辞儀してました。
手を振りながらステージ下手に退場。


そして「本日の公演はすべて終了しました」のアナウンスが流れたんだけど
みんな席を立たず、ダブルアンコールを求める拍手が延々と続きました。
でも結局メンバーが再登場することはなく、
スタッフが数名出てきて「終わりでーす」と言いながら客席を回って
客電が煌々とついたところでやっと諦めて席を立ちました。
あのときは会場中が「もう1回見たい!」って気持ちで一致団結してたなー。

その後は出口付近でライブDVD発売決定の告知チラシが配布されるという
嬉しいサプライズがありました。

本当にステキな一夜を過ごせました。うっとり。
遠路はるばる札幌まで来てくださってどうもありがとうございました!!

JUGEMテーマ:B’z

スポンサーサイト

<< ラリーTakのライブDVD告知フライヤー | main | 松本さんソロの返事きたー >>
コメント
私もきのう、ブルーノートいってきましたよ♪
急遽チケットを譲っていただけることになり。

で、なんかLIVE-GYMとかでも毎度のことですが(笑)
イチジョーさんと感想がほぼかぶってます(笑)
ユニゾンのシンクロ具合とか、
A Girl From Chinaが好きとか、
ラリーさんのおちゃめなアクションとか、
2人がアイコンタクトしながらニコニコ演奏するとことか
松本さんの「あっまぁ〜〜〜〜い!!」音色とか
カッティングを食い入るように見て聴いたとか
アレンジがいちいちそれぞれ素晴らしいとか・・・

そう!そう!!って思いながら読みました〜。
でもブルーノートはさすがに、裁ち上がりはしなかったんですけどねー。
なんかその一致団結感も、素敵ですね♪
Posted by あゆむ  2010/09/09 02:18
あゆむちゃん>
おおー、東京千秋楽行ってきたんだ。
ホント素敵なライブだったよね。

わたし、インスト(しかもジャズ系)のライブが初めてで
「ちゃんと楽しめるかな?」って不安だったんだけど
いざ参加してみたら聴きどころ・見どころが満載で感動したから
それで長々と感想書いちゃったのでした。

あゆむちゃんとツボが一緒のことはよくあるけど
このレポに書いたのと同じ感想を持った人は日本全国に沢山いると思うー(笑)

ラリーさんは"おちゃめ"! それだ!
うまい言葉が出てこなかったんだよねー(笑)
ギターのフレーズがぴったり合うのすごかったよね!
いや〜、あゆむちゃんとじっくり語り合いたいわー。
Posted by イチジョー  2010/09/10 00:13









 
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Latest Entries
Categories
Archives
B'zライブレポート
"Ain't No Magic"
 ⇒ 東京ドーム
 ⇒ ナゴヤドーム
 ⇒ 旭川市民文化会館
"GLORY DAYS"
 ⇒ 日産スタジアム
"ACTION"
 ⇒ 北海道きたえーる
 ⇒ 釧路市民文化会館
"SHOWCASE -19-"
 ⇒ Zepp Sapporo
ソロライブレポート
"en II"
 ⇒ 北海道きたえーる
"TAKE YOUR PICK"
 ⇒ Zepp Sapporo
Recent Comments
Profile
イチジョー (または一條)
趣味:B'z/ネット/図画工作
  ⇒ B'zバトンの回答
連絡:no1090★hotmail.com
 (★→@に変えてください)
Link
Trackback People
BlogPeople PEOPLE
qrcode