B'zファンのブログ『ファクトリーワカクサ』にようこそー

ファクトリー ワカクサ
《AUTHOR》
http://viridiann.jugem.jp/
若草制作所 イチジョー
《POWERED BY》
JUGEM
『ファクトリーワカクサ』
は適度に更新

号】

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

稲葉ソロ "LIVE 2010 〜en II〜" 北海道レポ<前編>【ネタばれあり】

9月11・12日に『北海道立総合体育センター 北海きたえーる』で行われた 
稲葉さんソロライブ "Koshi Inaba LIVE 2010 〜en II〜"に参加してきました。

(ツアトラ写真は少し前のエントリーに載せてます)

稲ソロライブはツアー自体が6年ぶりでドキドキワクワク。
いやがおうにも期待が高まります。

どうでもいいけど、ここの会場はその名のとおり体育館っていうか
普段は運動するのに使われる目的がメインなんです。
で、チケットもぎりで並ぶところに整列用の仕切りが置かれてたんですが、
それが卓球のときにコートの周りを囲うヤツだったのが妙にウケました。

以下、詳しいライブレポート。
ネタバレしてますので、OKな方は続きをどうぞ。
 
 
 

 
  
  
 =セットリスト=
01.Tamayura
02.マイミライ
03.The Morning Call
-MC-
04.Okay
05.エデン
06.AKATSUKI
-MC-
07.波
08.LOVE LETTER
09.透明人間
10.赤い糸
11.Lone Pine
12.この手をとって走り出して
13.LOST
14.Wonderland
15.遠くまで
-インストセッション〜MC(メンバー紹介)
16.CAGE FIGHT
17.今宵キミト
18.絶対(的)
19.正面衝突
--アンコール--
20.ハズムセカイ
-MC-
21.イタイケな太陽
22(?) 手をふろう("Hadou"ボーナストラック)

Ending SE.未発表曲


※座席券は入場する際に"引換チケット"を出すと発行してもらえるんだけど
1日目と2日目で(それとも場所別で?)色が変わってました。
(土曜日→緑、 日曜日→ピンク)


 =演出・感想など=
開演前はステージ全体が"銀色でミラー状の楕円形骨格"で覆われています。
en2 開演前ステージ
会場全体が暗転したらはじまりはじまりー。

オープニングはその巨大な楕円形(暗転してるからもうミラーではない)に
太陽のフレア状の映像がうつる。
幻想的?なシンセのインストにスカイセンサーの音が混じってきて、
フレア状の映像もまざりあって「en II」のロゴマークに。
そこに"Tamayura"のインストのピアノの音が…!

☆ Tamayura
うおーーー! この曲がくるとは! しかも1曲目! ぎゃー!
めちゃくちゃビックリ&初っ端から大興奮!!

ステージ上の照明がつくと、ミラーだった部分が透明になってステージが露わに。
(これ多分、マジックミラーになってたんですね?)
その状態で少し歌った後、ステージを覆ってた骨格が上がってメインステージ登場。

やっぱり稲葉さんは相変わらずカッコイイです!
最初の衣装はこんな感じ↓
 稲ソロen2衣装・OP〜
(土曜の方はなんとなく革っぽく見えるときもあったけどどうなんだろう?
 日曜の方は薄〜いシルバーグレーで白っぽくも見えました)

ちなみに髪型はバッサバサに伸びて無造作にうねってる感じ。
…わたしの画力では表現するのが難しかったです。
絵に描いたのに言葉で説明が必要とは…とほほ。

曲の途中で、左右にあった小さいスクリーンが動いてステージ後ろでくっついて
大きいバックスクリーンになりました。 
今回のスクリーンは可動式です。(ステージにレールがあって画面移動する)
小さいのが6枚だったり、中くらいのが3枚だったり、大きいの1枚だったり。

"Tamayura"は終盤にかけて、たたみかけてくる歌唱・演奏が凄かった。
それと、サポメンのジョシュさん(ギター)の後ろに
ギタースタンド(立ったまま弾けるやつ)があって、通常パートはエレキだけど
ラストだけアコギをジャカジャカしててカッコよかったです。

☆ マイミライ
明るくてハジけたナンバーに客席ノリノリ。ライブ魂に火がつきます。
「♪ここらへんでストップ!」の部分で演奏がやんで一旦ブレイク、
少しためてから「別にきらいじゃないけれど〜」てちょっと早口で歌ってました。

サビの手拍子はCDに入ってるように「パパン・パン」ってするのかなー?と
思ってたら、皆さん普通に一定の手拍子でした。
曲の後半で稲葉さん、左右ステージサイドの花道に行って煽る煽る。
ラストの「Hey! Hey!」はもちろんハジけまくりだー!

☆ The Morning Call
特徴的なイントロ、小野塚さんのキーボードかっこいいっ。
この曲も盛り上がりますねー。
間奏終わったところで演奏が止まる。
稲葉さん、耳に手を当てて「みんなの声を聴かせてくれー」のポーズ。
ワーーーって声を出すと、もっともっと〜って手振りをして客席を煽る。
歓声が最高潮になったところで大サビになだれこんだのです。

☆ MC
こんばんはー久しぶりです、今日は楽しんでってください。みたいな感じ

☆ Okay
稲葉さん、ギター(フライングV)を弾きながら歌います。カッコいい!
フライングVのシールドは目立つピンク色で、電話の受話器のコードみたいに
グルグル巻いて伸び縮みするタイプでした。
(今どきの若者は"受話器のコード"の存在を知ってるんでしょうか…)

この曲、いざライブ演奏で聴いたら思いのほかリズムにノれる感じでした。
ライティングは基本的に水色っぽい青で、爽やかなイメージそのまんま。
で、Cメロの「♪夕暮れ グラウンドに響く声〜」のところで
オレンジ色のライトが稲葉さんを照らし、楽曲とリンクしてて素敵でした。

☆ エデン
この曲もノリノリ。(Hadouはアップテンポでノりやすい曲多いですよね)
「♪この目はあなたを見るためにある」のところで
稲葉さん客席を指さしてました。
この曲だったかな、1日目で稲葉さんが激しめに動いてるときに
ジャケットが大きくはだけて、そしたらワキのあたりの肌がチラッと見えて
「中に着てるインナーはタンクトップだったのかー」と思いました。

☆ AKATSUKI
CDでは静かなアルペジオのイントロで始まるんだけど
ドラムとか激しい感じで始まりました。
この曲は「RIZE!」でのコブシあげにすげーカタルシスを感じます。

☆ MC (だいたいのニュアンスです) 
*11日(土曜) 
・ツアーが始まった頃はアルバム出たばかりで曲を知らない人が多かったんですが
 みんなだんだん覚えてきて一緒に歌えるようになってきて嬉しいです。
・北海道に来る前にスタッフから「今年は札幌も暑いですよ」って言われてて、
 いざ来てみたら涼しくてよかった。
・最初は「涼しいのを通り越して寒いんじゃないか」って警戒してたんですけど…
 まあ警戒してたけど寒くはなく、ちょうどいい涼しさで最高です。
・『Hadou』というソロアルバムを出しました。次の曲は懐かしい歌なんだけど
 ちょっと"Hadou"と関係あるような感じです。

*12日(日曜) 
・今年は札幌も暑かったって聞くけど、東京から来たら涼しくて天国のようです。
 でもここ(会場内)はアツイですね。
 (「今北海道で一番あついんじゃない?」とか言ってたような…記憶あやふや)
・季節の中では秋が一番好きなんです。
 こうして札幌でいち早く秋の気配を感じられて嬉しいです。
 たいていアルバムは秋に作り始めて、でもライブするのは夏ってことが多くて…
 今回、秋にライブできてよかったです。

☆ 波
この曲は可動スクリーンの演出がよかったなー。
最初は小スクリーン×6枚それぞれに海と太陽(月)の写真。
それぞれ基本は同じような画なんだけど写真の色合いが全部違ってて、
昼間の海・夕方の海・夜の海、みたいな感じになってました。
曲の途中でスクリーンが動いて大きな1枚のスクリーンになって
ステージ後ろ一面が大海原の映像。

稲葉さんアコギ弾きながら歌います。素敵〜。
曲の後半で、スクリーンの海原映像に実際の稲葉さん映像が重ねられて
リアルタイムでステキなPVを見てるみたいでした。 

☆ LOVE LETTER
これも可動スクリーン演出あり。
最初は小スクリーン×6枚それぞれに時計の写真。
これが懐中時計や柱時計、置時計などバラバラな写真なんだけど
全部レトロ・アンティークなもので揃えられてる感じ。

で、「♪たたきつける」の歌詞のところで時計のガラスが割れて粉々に飛び散る。
…すげー凝ってますよね、今回のステージ映像。
そのあとは砂時計の映像。

後半で小スクリーンが動いてくっついて、大きなスクリーン1枚に。
実際のステージ上の稲葉さんが映るんだけど、セピア調の色合いで
それまでの時計映像と雰囲気が統一されてて素敵〜。
曲のラストで一面の砂映像。(砂浜っぽいけど砂時計からのモチーフか?)
その砂に『I thank you』って文字が書かれて終了。

…なんだべ、『波』 『LOVE LETTER』はスクリーンの説明しかしてないね(笑)
まあ映像がとても素晴らしかったってことで。

☆ 透明人間
こ・れ・はー、もうすごくビックリでした。
まずこの選曲が驚き。
マイナー&あまりライブ向きじゃない印象だから演奏すると思わなかったので。

それと、演出が驚き。
ステージ中央に椅子が置かれて稲葉さんが座ったんだけど
その椅子もろともステージ上にリフトアップされたー。
見た感じ、ヨギさんの背丈よりちょっと高いところだったから
上がったのは190cm〜2mくらい? それでもけっこう高いっすね。
途中で歌いながら立ったりしてて「支えもなしに怖くないの?」と思いました。
(まあMagicツアーOPの松本さんに比べれば大したことないかもだけどさ…)
歌唱の方は胸に迫りくる感じで『透明人間』の世界に引き込まれました。

☆ セッション
稲葉さん一旦ステージからはける。
ヨギさん&ジョシュさんがアンプ(Bogner)に座って2人でアコギセッション。
再登場した稲葉さんは衣装チェンジしてました。

またもやヘボいイラストで↓
 稲ソロen2衣装・その2
パンツと靴は変わらず、スーツのときのズボンをそのまま着用。
(11日の方はネクタイをしてるわけじゃなくて、
  こういう絵がプリントされたTシャツをインナーに着てました。
 12日のカットソー?は体にピッタリフィットしてました)

☆ 赤い糸
アコギをバックにしっとりと歌いあげる稲葉さん。
ステージの上から赤いレーザー光線が一筋、アリーナ後方に放たれて
まさに「赤い糸」でした。
ラストではそのレーザー光線が放射状に何本も増えて赤い糸増殖。
稲葉さん、ジャンプして"赤い糸"に触れようとして(届かなかったけど)
微笑ましくて可愛かったです。
(この曲に限らず、稲葉さん全体的にニコニコ笑っててすごく楽しそうでした)

☆ Lone Pine
まずサポートギター・ヨギさんのソロ演奏。
その後ヨギさんと稲葉さんのブルースハープのセッションで
"Lone Pine"のイントロへ。

スクリーン映像はアメリカっぽい車とかモーテルのポラロイド写真や、
道路を(車orバイクで)走るのをローアングルで撮った映像。
古いフィルムを回してるような映像で、曲の雰囲気に合ってて良かった。
なにより、この曲はすごく心にしみいる感じでめっちゃ良かったです。

☆ この手をとって走り出して
この曲の印象が残ってない…特別な演出がなかったからですかね?
切々とバラードを歌い上げる感じでした(多分)。


 =ちなみに、サポメンの衣装=

小野塚 晃さん(キーボード)
 土曜→襟が白、身頃が黒のシャツ+グレーのカーディガン
 日曜→斜めのチェック柄のシャツ(紺地に白×赤のライン)+黒いベスト
  (座って演奏してたので両日ともズボンはよく見えなかった)

コーリーさん(ベース) Corey McCormick
 土曜→黒いシャツ+白ネクタイ、右肘のあたりに白いリストバンド、
     グレーのパンツ、白い靴、グレーのハット。
 日曜→緑色のTシャツ、ブルージーンズ、黒いハンチング帽 

シェーンさん(ドラムス) Shane Gaalaas
 土曜→白タンクトップ(前面に茶色の模様)、グレーのハーフパンツ
 日曜→黒タンクトップ(左胸にグレーの柄)、黒くて細身の七分丈パンツ

ヨギさん(ギター) Yogi Lonich
 土曜→黄色×赤(オレンジ?)のムラ染めの長袖Tシャツ、黒いパンツ
 日曜→黒い立襟のジャケット、黄色いTシャツ、グレーのパンツ、
    長いチェーンのネックレス  (途中でジャケット脱いだ)

ジョシュさん(ギター) Josh Gooch
 土曜→黒Tシャツ(フロントに赤い字で英単語)、赤いパンツ
 日曜→デニムシャツ、ブルージーンズ、スニーカー、勾玉?っぽいネックレス

 ※ライブレポ後編に続きます。 →こちら


【関連記事】
 ・ライブレポート後半→ 稲葉ソロ"LIVE 2010 〜en II〜" 北海道レポ<後編>【ネタばれ】
 ・ツアートラック写真→ 札幌行ってきたよ(ライブのネタバレなし)

JUGEMテーマ:B’z

スポンサーサイト

<< en IIグッズのことなど | main | 稲葉ソロ "LIVE 2010 〜en II〜" 北海道レポ<後編>【ネタばれあり】 >>
コメント
毎度です。
詳細なネタばれ&イラストお疲れ様です。
メモとっているんですか?
ここまで記憶できないですよね。
あ、出来る人もいるのかなぁ〜。笑

Posted by ひろ  2010/09/22 08:21
ひろさん>毎度〜っす。
ライブ中はメモ取ってません。ライブに夢中でそれどころじゃない(笑)
終演後に食事したあと、ホテルに戻ってから
覚えてることをノートにバーーッと書きだしてます。
(食事中に友達と感想を語りあうのもいい刺激になります)
で、帰宅したらネットでセットリストを見て
ノートに書いたもの&記憶に残ってることを当てはめてく感じです。

わたしの場合、たいていライブ日は泊まりになることが多いので
普段の環境とは違う(ネットやら本やら暇つぶしのアイテムがない)から、
"記録作業"に集中しやすいのかもしれないっすね。
Posted by イチジョー  2010/09/23 01:08









 
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Latest Entries
Categories
Archives
B'zライブレポート
"Ain't No Magic"
 ⇒ 東京ドーム
 ⇒ ナゴヤドーム
 ⇒ 旭川市民文化会館
"GLORY DAYS"
 ⇒ 日産スタジアム
"ACTION"
 ⇒ 北海道きたえーる
 ⇒ 釧路市民文化会館
"SHOWCASE -19-"
 ⇒ Zepp Sapporo
ソロライブレポート
"en II"
 ⇒ 北海道きたえーる
"TAKE YOUR PICK"
 ⇒ Zepp Sapporo
Recent Comments
Profile
イチジョー (または一條)
趣味:B'z/ネット/図画工作
  ⇒ B'zバトンの回答
連絡:no1090★hotmail.com
 (★→@に変えてください)
Link
Trackback People
BlogPeople PEOPLE
qrcode